2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ぱこが残してくれたもの

M Y   D I A R Y

うちで過ごす最後の朝、残しておいたミルクをあげました。

 [広告] VPS
  
  

最初は自分で飲めなくてシリンジで無理やりあげてたのが、

4日目位からやっとひとりで飲めるようになったんだっけな~

一人で飲めるもん

 自分と同じ位の大きさの哺乳瓶と格闘中してた頃のぱこ 

 

 

パパさんがあげた後、少し残ったので私も抱っこしてあげました。

最後のミルク

            もう入ってないよ?

            なかなか離しません><

            いつまでもいつまでもちゅっちゅっしてました。

            私の気持ちを察してくれたのでしょうか。

            ぱこから私へのお別れの挨拶だったのかな~

 

さよならのご挨拶

大きい兄ちゃんにゅにご挨拶がてら、最後の添寝。

しっかり匂いをつけました。

 

見事なちび団子

小さい兄ちゃんすぴ&大好き姉ちゃんきりぃ

こんなに立派な猫団子もつくってくれました。

 

 

          車の中で少し鳴いていたぱこですが、

          すぐにぐっすり寝てしまい着くまで熟睡。

          最後まで大物っぷりを発揮してくれました(*^^)

 

          新しいおうちに着くと子供さんが優しく遊んでくれて、

          尻尾をふくらませながらもじゃれついてました。

          私達がいる間に自分でちゃんとトイレもできて、

          「ボク、もう大丈夫だよ。ちんぱい(心配)ちないで」

          私達が慰められちゃったりして(^^;

 

ボクの影

柔らかな日差しをあびて映る自分の影にさようなら

 

 

ぱこ、私達に拾われてくれてありがとう。

生き延びてくれてありがとう。

暖かい家族と共にしあわせに生きるだろうと頭ではわかっていても

ママは今、とても淋しいです。

 

        でもね。お友達が言ってくれたようにぱこは私達に育てられて、

        里親さんのおうちでしあわせになる運命だったと思います。

        愛おしさと食べちゃいたい位の可愛さを私達の心に残して、

        彼は新天地でこれからの猫生をたくましく生きていくことでしょう。

              ぱこ~ o(*⌒O⌒)bふぁいとっ!! 

 

にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村

design by *Sweet snow*
スポンサーサイト

この顔にピンときたら(ぱこの里親募集中) 「猫の里親を求めています。(4713)」

M Y   D I A R Y

        ダンボール箱に入ったぱこを拾って45日目。

        いまだに悩んでいるんだけど、里親を募集しようと思います。

           拾った経緯は →  箱の中にぱこを発見

           当日の様子 → コスモス摘みで拾い物

 

        うちにずっといて欲しい気持ちももちろんあります。

        にゅの猫見知りな性格や、うちが狭い事もあるけど

        なんとかならない事もない。

        でももっと伸び伸び暮らせる家が見つかれば

        その方が幸せな気もして・・・悩む(*'へ'*) 

 

        もらってくださる方がいればそれも運命

        いなければそれも運命

        という事でぱこの幸せの可能性を探す努力をしてみようと思います。

 

 

ネコジルシ里親募集掲載用に決め顔を撮影してみました。

NO.11711がぱこです。

はい!ポーズ

ボク可愛いでちょ?と言わんばかりのドヤ顔(笑)

 

ボク可愛い?

ぽけっとした顔もいいわ~(親バカ)

 

大きくなったよ

「なにちてるの?」って不思議顔

 

       何度も募集記事を書いては、最後の掲載ポタンが押せなくて(^^;

 

       ブログをお持ちの方で、ぱこの里親探しを手伝ってくださる方がいらっしゃったら

       どうかどうかよろしくお願い致します(o_ _)o))

       可愛い写真いっぱいあります(笑)

       大阪近郊でしたら、ご自宅まで連れて行くつもりです。

       どうかいいご縁がありますように。

 

にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村

design by *Sweet snow*


箱の中にぱこを発見 「子猫を捨てないで(9)」

         
     
             
     

ぱこ(仮名)を見つけた経緯を記録しておこうと思い書きました。

 

ぱこを見つけた時、生きてるようには見えませんでした。

 

ダンボールを見つけたのは同居人

「なぁあそこのダンボールってネコもらってくださいって感じだよね?」

「そうそう絵に描いたようなダンボールに捨て猫っていないっしょ」

でもやっぱり気になるので、近づいてみた。

「のぞくのやめへん?もしネコおったらどうするん?」

同居人、腰がひけてます。

後で聞いたら腐乱死体が入ってたら気絶するかもと

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルだったらしい。

朝から雨が降ったり止んだりで、ダンボールもボロボロになりかけていて

結構前から置いてあるように見えたので最悪の状況を想像してしまったらしい。

 

そぉ~っとフタを上げて中を見た。

太めのかりんとうみたいな物体発見!

「ね、ねこがおった!」  

思わずフタをしめてしまった。

敷いてあったタオルもしっとり濡れているみたいだったし、

なによりピクとも動かない・・・

「やっぱ死んでるんかな?どうする?」

「このままってわけにもいかんでしょ」

もう一度フタをあけて、そっと触ってみた。

「う、動いた~生きてるよ。生きてる!」

 

幸い、行きつけの動物病院が近かったので、

時間外だけどなんとか診てもらおうと連れて行きました。

知らず知らずのうちに早足から小走りに。

2時~5時は手術などで一般診察はしていないのですが、

すぐに保温室(酸素補給器付き)に入れて

ミルクも飲ませてくださいました。

病院の先生&アシスタントのお姉さん、本当にありがとうございます(o*。_。)oペコッ

 

そんなこんなで今、ぱこは生き延びる可能性にチャレンジ中です。

 

 

 

 

 

 

 

 


     
             
         
     
design by *Sweet snow*


里親募集までの道のりは険しい 「子猫を捨てないで(9)」

             
             
             
     

かれこれ25年?ほど前にもへその緒をつけた子猫を育てた事があったけな~

その頃はネットで情報収集なんて時代ではないので、何もかも手探りで

ある意味適当に育てたらすごく大きくなった(笑)

 

人間のママさんも育児書やサイトなどで情報を収集しすぎて

不安になってノイローゼになるなんて話を聞くけれど、

今、まさに私それ! それよ!

 

私の子育て、適当すぎたか・・・

年とってきてちょっといろんな事に自信がなくなってきてるとこなのに

子育てとかできるかしらん?

結構得意だと思ってた授乳も全然うまくいかないo( _ _ )o ショボーン

 

そういう訳で(どういう訳だ?)同居人が張り切っております。

母性?いや父性に目覚めたか?!

 

授乳中

授乳なんて私よりうまいじゃないの!

なんだか((“o(>ω<)o”))クヤシイー!!

 

しかしそんな事を言っている場合ではないのだ。

まずは生き延びてくれないとねっ!

里親募集とかまだまだ先のお話ですね。

 

     
             
             
             
design by *Sweet snow*

コスモス摘みで拾い物 「子猫を捨てないで(9)」

  *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *  

本日は近くの植物園で100円でコスモスを一人10本摘めるという

花摘み体験会の日

コスモスLoveのワタクシ、カレンダーに印をつけて楽しみにしていました。

 

コスモス

満開のコスモス

 しかしコスモス摘みはできませんでしたorz

 

      なぜなら

      公園内の猫ロード(勝手に命名)で

      お母ちゃんのお乳吸ってる子猫や、同じお皿で仲良くご飯食べてる兄弟猫

      そんな猫ねこネコな光景を見ながらほんわかした気分で

      散策路から少しはずれた木立に差し掛かった時

 

 

      1:同居人がダンボール箱を見つけ

      2:私が中をのぞき、

      3:その中の物体を触ったら生きていたからであります。

 

拾いました

小さすぎてピントも合いません!!

 

      急遽動物病院へ急行!

      診察後、子猫用ミルクと哺乳瓶をゲットして帰宅であります。

 

こんまい物体

 

当社比?倍  ↓ ↓ ↓

当社比?

すぴがゴジラ並みの大きさに見えます。

 

      へその緒もがっちり付いたまま&眼も開いてません。

       体重は85g位です。

      根性と幸運で生き延びてくれたら、今後どうするか考えたいです。

      詳しい後日談が書ける位、元気に育ってくれよぉ~

 

 

 

 



  *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *  
design by *Sweet snow*

web拍手 by FC2









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。