2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07






股からのぞくとそこには!?

    昨週末に京都北部へ用事があったので、出かけてきました。
    用事なんぞはさっさと済ませて
    ちょっと足を伸ばして、近場だけど小旅行の気分♪

股のぞきにチャレンジ

    股のぞきといえば、日本三景のひとつ「天橋立」でございます。
    年甲斐もなく、チャレンジしてみましたが、体が固くて(-o-;
    頭に血が下がってクラクラした状態で見る橋立は
    天に昇る龍のようだとかなんとか(^^;

    股からのぞいた天橋立はこんな感じですよ。

股からのぞいた天橋立

    あかん(゚o゚;; 
    この写真見てるだけで、血ぃ下がる(笑)

リフトから見た天橋立

    天橋立のビューポイントは「笠松公園」と「天橋立ビューランド」が有名ね。

    私達はビューランドからのぞきました^^
    リフトかモノレールで頂上まで往復(どっち選んでも可 行き帰り別の乗り物でも可)
    リフトの方がスリル感と開放感あって、私的にはお勧め(*^^)

    ジェットコースターも観覧車もダメな同居人は
    Vサインなんぞ出してますが、心の中はなかりの修羅場だったに違いありません('-'*)フフ


    さて次の目的地までナビさんに「最短距離でお願いね」と言ったら
    とんでもない峠道に迷い込んじゃいました)゚0゚( ヒィィ
    もう歩いて車押したい位の道路の狭さと高さと横の崖に
    緊張のあまり、ちびりそうでしたわ(^0^*オッホホ

    その峠道になにやら観光案内の看板を発見して
    「休憩しよう!もう死ぬ!」と車を停めたのが「大内峠一字観公園

    ここが思いがけず、素晴らしい景観が眼下に広がる素敵ポイントでした♪

一文字天橋立

    「一字観」ってこういう事だったのね~(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

    「楽しみは大内峠に極まりぬ
                まろき入り江と一筋の松」 
     与謝野 寛 (与謝野 鉄幹)

    夫人の与謝野晶子の歌と一緒に、歌碑に刻まれていた句です。

    私達的には隠れた名所発見!って気分だったけど
    実は結構有名なのかな~


    さてまだまだ続く峠道を下って、たどり着いた次なる目的地の話は
    次回という事で(*^^)

    そうそう、すれ違う車もない峠道の道端に、
    ちょこ~んと三毛猫が鎮座ましまししてました(゚0゚)ハッ
    迷い猫とかそんな雰囲気でもなく、悠然と箱座りしてたのよ。
    写真撮りたかったけど、そんな心の余裕はなく
    化け猫だったのか、幽体離脱したきりぃなのか、確かめられませんでした(笑)

    猫は出てこないし、たいしておもしろくもありませんが
    読んでくださって、ありがとう♪
    猫の話じゃないので、コメント欄は閉じておきますね~



FC2以外のブログをお持ちの方はURLを入力していただけたら、
ご訪問したいと思っていますので、よろしく♪
コメントって程じゃないけど、ちょこっと伝言したい方も
こちら ↓ からよろしくね(*^^)

おきてがみ
関連記事
[ 2012/06/28 ] お世話係のあれこれ | TB(0) | CM(-)
web拍手 by FC2

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pyarumi.blog.fc2.com/tb.php/126-0f2432ce