2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07






箱の中にぱこを発見 「子猫を捨てないで(9)」

         
     
             
     

ぱこ(仮名)を見つけた経緯を記録しておこうと思い書きました。

 

ぱこを見つけた時、生きてるようには見えませんでした。

 

ダンボールを見つけたのは同居人

「なぁあそこのダンボールってネコもらってくださいって感じだよね?」

「そうそう絵に描いたようなダンボールに捨て猫っていないっしょ」

でもやっぱり気になるので、近づいてみた。

「のぞくのやめへん?もしネコおったらどうするん?」

同居人、腰がひけてます。

後で聞いたら腐乱死体が入ってたら気絶するかもと

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルだったらしい。

朝から雨が降ったり止んだりで、ダンボールもボロボロになりかけていて

結構前から置いてあるように見えたので最悪の状況を想像してしまったらしい。

 

そぉ~っとフタを上げて中を見た。

太めのかりんとうみたいな物体発見!

「ね、ねこがおった!」  

思わずフタをしめてしまった。

敷いてあったタオルもしっとり濡れているみたいだったし、

なによりピクとも動かない・・・

「やっぱ死んでるんかな?どうする?」

「このままってわけにもいかんでしょ」

もう一度フタをあけて、そっと触ってみた。

「う、動いた~生きてるよ。生きてる!」

 

幸い、行きつけの動物病院が近かったので、

時間外だけどなんとか診てもらおうと連れて行きました。

知らず知らずのうちに早足から小走りに。

2時~5時は手術などで一般診察はしていないのですが、

すぐに保温室(酸素補給器付き)に入れて

ミルクも飲ませてくださいました。

病院の先生&アシスタントのお姉さん、本当にありがとうございます(o*。_。)oペコッ

 

そんなこんなで今、ぱこは生き延びる可能性にチャレンジ中です。

 

 

 

 

 

 

 

 


     
             
         
     
design by *Sweet snow*


関連記事
web拍手 by FC2


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pyarumi.blog.fc2.com/tb.php/45-e2e468a0